男性

優良な葬儀社による高品質なサービス|お葬式に関わる知識について

お寺が代行する供養

お墓

日本国内には数多くのお墓が存在し、その多くは遺族や親族によって供養されています。しかし、数多く存在するお墓の中には、供養を行う遺族や親族のいないお墓が存在するのです。そういったお墓というのは、永代供養する必要があります。永代供養というのは、お寺が遺族や親族の代わりに永代に渡って供養及び管理を行う供養形式です。永代供養を行ってもらうためには、遺骨を永代供養墓に移す必要があります。この供養形式における遺骨の安置方法は複数あり、その主なものとして共同墓または合葬式納骨堂などが挙げられます。それらは、お墓や納骨室に他の人と遺骨と共に安置するといったものになります。お寺によっては、個人墓で永代供養を行ってくれるところもあるでしょう。
お寺に永代供養を依頼する場合には、納骨方法に合わせた料金を支払う必要があります。その料金は約10万円から100万円と大きな開きがありますが、その平均は約30万円から50万と言われています。この時支払う料金は一式料金のため、一度支払ってしまえばその後の供養及び管理は一切掛からないのです。お寺によっては、永代供養を生前申し込みすることも可能です。生前申し込みの場合、一式料金ではなく年会費や護寺費、年間管理費といった料金支払い形式を取っているお寺も存在します。また、永代供養は宗派を問わず利用することができるため、そういった心配をする必要はないでしょう。しかし、稀に檀家になることを利用条件とするお寺が存在するので、利用する際には確認しておく必要があります。